病欠ひま人

今住んでるところは庭がなくて、目の前のストリートもネイチャーストリップのないメイン通り。
移ってきた時から緑が恋しくて、観葉植物やサボテンを買うも即死。(水のやりすぎ、愛情が原因ですよ!)

しばらくは植物を買いたくても、すぐに殺しちゃうでしょ?というパートナーの言葉を心に刻み、お迎えしたい気持ちをぐっとこらえていました。

でも最近、リサイクルプランツなら元々命の終わったところで延命しようっていうんだからいいよね?と思って、あれこれアイデアを集めていました。

折りよくアボカドの種が捨てられる寸前だったのを救出。収穫しようなんて大掛かりなこと考えてません。根が出て芽が出たらいいなあって思っているだけです。


f0039418_16413621.jpg

[PR]
# by gokunan | 2017-03-23 16:30 | ふつうの生活

今日の1食目

早速小さな食事革命。
いつものトースト2枚とコーヒーの代わりに
アボカドとスクランブルエッグ on toast1枚とササミとミックスベジタブルのカレーマヨ和えアンド緑茶、にしてみました。


f0039418_13532137.jpg

[PR]
# by gokunan | 2017-03-23 13:49 | ふつうの生活

カゼひいたけど大丈夫

カゼひきました。

昔よりだいぶ丈夫になった上、自責の念なく会社を休めるようになりました。



10年も前はヒマだったというか、大して具合悪くなくても会社行けないくらい具合が悪い気がして、
「大事をとって休みます」ということが結構あったなあ。
その頃の私を知ってる人たちは、「お前以外と体弱いからなあ」って思ってます。


弱かったのは、気持ちです。


ちょっと普段より具合が悪いと、仕事行くまでにどうにかなったらどうしよう、とか
別に体が動かなくてもぶっちゃけできる仕事だったし、一人オフィスだから誰にカゼが移るわけでもなかったんだけど、
なんか必要以上に具合悪くなってたなあ。


今は、休まなきゃダメな時がわかります。
昔は休む時に「休みます」って電話するの、本当に嫌だったけど、
今は「休みます、声出てないの、わかるでしょ?」「行っても8時間も立ち仕事できません」って言えるようになりました。
同僚の誰かが休みを返上して私のシフトをカバーしないといけないかもしれないけど、
周りもできないときはできないっていう人たちだから、そこまで悪い気もしません。
無理させちゃったなら、他の時に恩返しすればいいし。
病欠この世の終わり、みたいな考えはなくなりました。
自分でなくても、会社は代わりがいるんです。代わりがいない日もあるけど、会社は私が思うほど全然気にしてません。



母と電話して、またいいことを習いました。
私、自分の健康管理が人よりうんと甘い様子。
人より出遅れた分、これから勉強すればいいですよね。


このウェブサイト、すごく役に立ちそうなので、自分のためにリンクしておきます。
献立を自動に生成してくれるサービスで、何が特によいかと思ったかというと、適正な消費量が写真で見てわかるという点。


eヘルシーレシピ

自分の年齢にあったレシピの提案がいいなあ、と。
カゼ知らずの40代を目指します。病欠手当が出るからたまに休んでもいいんだけど、なんて。




[PR]
# by gokunan | 2017-03-22 22:06 | ふつうの生活

四十路でリセット。自分サイズの暮らしを探します。焦りがちなので、のんびりだらりを心がけつつ。


by gokunan